産経WEST

【衝撃事件の核心】「裏コリアタウン」激変! ベトナム人進出で揺れる治安 3人殺傷事件から見えた〝民族軋轢〟の実態

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
「裏コリアタウン」激変! ベトナム人進出で揺れる治安 3人殺傷事件から見えた〝民族軋轢〟の実態

「裏コリアタウン」の今里新地の一角で起きたベトナム人グループによる殺傷事件。現場付近の防犯カメラには激しい暴行の様子が写っていた=9月6日午後11時過ぎ、大阪市生野区新今里(住民提供) 「裏コリアタウン」の今里新地の一角で起きたベトナム人グループによる殺傷事件。現場付近の防犯カメラには激しい暴行の様子が写っていた=9月6日午後11時過ぎ、大阪市生野区新今里(住民提供)

 旧遊郭の面影も残す「裏コリアタウン」として知られる大阪市生野区の今里新地。「日本人より在日コリアンの方が多い」と言われる地区で9月上旬、ベトナム人同士によるトラブルから同国籍の男性3人が殺傷される事件が起きた。一帯ではアパート家賃の安さや利便性の良さを理由に、語学留学生を中心にしたベトナム人のコミュニティーが急速に発展、トラブルも目立ち始めていた。「皆、悪い人とは思わないが…」。周辺住民に不安感が漂う中、ベトナム人と在日コリアンとの間には〝軋轢(あつれき)〟も生じつつある。インターネット上では事件を機に、過激な「移民反対論」まで渦巻く事態になっている。(矢田幸己)

風俗と異国文化が同居

 近鉄大阪線の今里駅から南西へ約800メートルにある今里新地。旧遊郭街の名残で、メーン通りには表向き料亭という置き屋が軒を連ねる。別の通りへ一歩足を踏み入れると、ハングルで書かれたスナックや居酒屋の看板が目に飛び込む。

 風俗とコリアン文化が溶け込み、さながら昔懐かしい昭和の歓楽街といった趣が漂う。近鉄大阪線やJR大阪環状線の鶴橋駅近くの御幸通商店街など〝表〟のコリアタウンとは雰囲気がやや異なるディープな裏コリアタウンだ。

 事件は9月6日深夜、今里新地の一角で起きた。

 ベトナム国籍の男性(25)が路上で、アジア系の集団に刃物で切り付けられるなどし、搬送先の病院で間もなく死亡。路上近くのマンションでは、いずれも同国籍の19歳と25歳の男性2人が切られるなどして、重傷を負った。

このニュースの写真

  • 「裏コリアタウン」激変! ベトナム人進出で揺れる治安 3人殺傷事件から見えた〝民族軋轢〟の実態
  • 「裏コリアタウン」激変! ベトナム人進出で揺れる治安 3人殺傷事件から見えた〝民族軋轢〟の実態
  • 「裏コリアタウン」激変! ベトナム人進出で揺れる治安 3人殺傷事件から見えた〝民族軋轢〟の実態

関連トピックス

「産経WEST」のランキング