産経WEST

「機体見えなくなった」姫路城ドローン衝突事故、操縦の男性名乗り出る

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「機体見えなくなった」姫路城ドローン衝突事故、操縦の男性名乗り出る

ドローンの衝突で擦過痕がついた大天守の窓周辺を調べる兵庫県警の捜査員=兵庫県姫路市本町の姫路城

 世界遺産で国宝の姫路城(兵庫県姫路市)に小型無人機「ドローン」が衝突した事故で、県警は20日、北九州市の会社役員の男性(49)が「自分のドローンだ」と京都市内の警察署に出頭したと明らかにした。姫路市の姫路城管理条例違反(管理に支障のある行為)容疑を視野に調べている。

 県警によると、男性は19日午前6時5分ごろから8分間、姫路城の敷地外から、城の撮影のためにドローンを飛ばした。機体が見えなくなりコントローラーで操作しても戻ってこなかったため、そのまま立ち去った。20日早朝、インターネットニュースで事故を知り名乗り出たという。

 男性は雑誌に投稿する写真を撮影していた。「大変なことをして申し訳ない」と話しているという。

「産経WEST」のランキング