産経WEST

「塩爺」塩川正十郎氏死去 小泉内閣で財務相 93歳

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「塩爺」塩川正十郎氏死去 小泉内閣で財務相 93歳

 小泉純一郎内閣で財務相を務めた塩川正十郎(しおかわ・まさじゅうろう)氏が19日午前10時15分、肺炎のため大阪市内の病院で死去した。93歳。通夜は23日午後6時、葬儀・告別式は24日正午、大阪府吹田市桃山台5の3の10、公益社千里会館で。喪主は長男、耕士(こうし)氏。

 大正10年、大阪府出身。慶応大経済学部卒業後、布施市(現東大阪市)助役などを経て昭和42年に衆院初当選。11回の当選を重ね、文相や運輸相、官房長官、自民党総務会長などを歴任した。

 田中角栄、福田赳夫両氏が争い、「角福戦争」と呼ばれた47年の総裁選では、福田陣営の「宣伝部長」として奔走。4年後に発足した福田内閣では官房副長官を務め、ダッカ日航機ハイジャック事故の対応にあたった。

 平成13年、79歳で第1次小泉内閣の財務相に就任。「塩(しお)爺(じい)」の愛称で親しまれ、小泉氏とは「打ち合わせもしないのに、同じことを言うてる」と周囲に語るほど親しく、財務相退任後も政権を支えた。

 東洋大総長を務め、15年の政界引退後は、関西棋院理事長や日本相撲協会運営審議会委員になるなど幅広い分野で活躍。20年3月から25年2月まで、本紙コラム「塩爺のよく聞いてください」を執筆した。

「産経WEST」のランキング