産経WEST

【経済裏読み】「人類滅亡、12のシナリオ」の衝撃 人工知能の反逆、人類不妊にする超汚染物質…大まじめかSFか

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【経済裏読み】
「人類滅亡、12のシナリオ」の衝撃 人工知能の反逆、人類不妊にする超汚染物質…大まじめかSFか

 「人類滅亡、12のシナリオ」と題したレポートが世界に衝撃を与えている。人類を不妊にする超汚染物質、地球を飲み込む人工ブラックホール…。こんな想像をはるかに超えた内容も含まれるが、発表したのが英オックスフォード大など名だたる研究機関の関係者とあって、ただのSF(サイエンス・フィクション=科学的な空想)と片付けるわけにもいかない。むしろ「リスク管理のヒントに」と評価する専門家もいる。果たして、その気になる衝撃のシナリオとは-。(土塚英樹)

 詳細な分析

 レポートが公表されたのは今年2月中旬。作成者にはオックスフォード大や、傘下のフューチャーヒューマニティ研究所の科学者、スウェーデンのグローバルチャレンジ財団の専門家、ビジネス分野の将来リスク分析などを手掛ける専門職「アクチュアリー」ら錚錚(そうそう)たるメンバーが名を連ねた。

 200ページを超える分量の報告書は、人類滅亡の12のシナリオを具体的に4ジャンルに分類。それぞれに詳細な分析を加えている。

 まずは「現在進行中のリスク」のジャンルとして、地球温暖化など極端な気候の変化が飢餓を生み、社会崩壊による移民増加などをもたらす「極端な気候変化」や、人の往来の激しさやスピードが増し、発生の可能性が高まっている「世界規模のパンデミック(感染症の大流行)」、世界経済がグローバル化して経済危機や貧富の差の拡大が起こりやすくなり、大きな社会混乱や無法状態をもたらす「国際的なシステムの崩壊」など5つのシナリオを挙げている。

 また、「外因的なリスク」のジャンルには「巨大隕石の衝突」と「大規模な火山噴火」の2つのシナリオ、「国際政治のリスク」ジャンルには「政治の失敗による国際的影響」のシナリオを指摘した。

このニュースの写真

  • 「人類滅亡、12のシナリオ」の衝撃 人工知能の反逆、人類不妊にする超汚染物質…大まじめかSFか
  • 「人類滅亡、12のシナリオ」の衝撃 人工知能の反逆、人類不妊にする超汚染物質…大まじめかSFか

関連ニュース

【経済裏読み】“暴落相場”ちゃっかり売り抜け 中国富裕層、“政府宣伝”に躍らず “頭脳流出”で市場当局も素人?

「産経WEST」のランキング