産経WEST

【衝撃事件の核心】「火曜日に自殺願望ピーク迎えました」過労で命絶った女性講師 〝持ち帰り残業〟の地獄

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
「火曜日に自殺願望ピーク迎えました」過労で命絶った女性講師 〝持ち帰り残業〟の地獄

自殺した女性講師の自宅に残されていたレッスン用の教材。〝持ち帰り残業〟に悩む女性を助けようと、両親も作成を手伝った

 《辞めたい辞めたい辞めたい》《自殺願望のピークを迎えました》。平成23年に自殺した元英会話学校講師の女性=当時(22)=が友人に送ったメールには、一向に片付かない残業への焦りと嘆きが記されていた。「子供に英語を教えたい」と就職してからわずか2カ月あまり。マンションの非常階段から飛び降り、自ら命を絶った。女性はなぜ、自殺に追い込まれるまで残業に励んだのか。大阪府内に住む女性の両親は9月14日、真相を明らかにしようと、学校の運営会社に約9100万円の損害賠償を求め、大阪地裁に提訴した。

《明日になるのが怖い》

 訴状や労働基準監督署の資料などによると、女性は大学卒業後の23年3月、子供向けの英会話学校を全国展開する「アミティー」(岡山市)に入社した。

 大好きな英語を職業にしようと夢見て飛び込んだ世界。しかし、金沢校に配属されて間もなくレッスンを任されるようになり、要領をつかめないまま授業計画と教材作りに追われるようになった。

 金沢校で責任者を務める上司の女性マネジャーからは「仕事の段取りが悪すぎる」「なぜあなたが配属されたのでしょうね」などと繰り返し叱責(しっせき)され、次第に心の余裕を失った。そして、友人や同期の仕事仲間に苦しい胸の内を明かすメールを送るようになった。

 《辞めたい辞めたい辞めたい。学校に行くことが辛い。明日になるのが怖い。このままいくと本気で鬱になりそう》(4月4日)

 《頑張ってもプランを書いたり練習したりする時間がない》(4月5日)

このニュースの写真

  • 「火曜日に自殺願望ピーク迎えました」過労で命絶った女性講師 〝持ち帰り残業〟の地獄
  • 「火曜日に自殺願望ピーク迎えました」過労で命絶った女性講師 〝持ち帰り残業〟の地獄

関連トピックス

「産経WEST」のランキング