産経WEST

USJ買収交渉 アジアのテーマパーク事業強化へ NBCユニバーサル傘下入りでメリット

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


USJ買収交渉 アジアのテーマパーク事業強化へ NBCユニバーサル傘下入りでメリット

 買収交渉が浮上したユー・エス・ジェイ。運営するUSJへの人気映画「ハリー・ポッター」エリア導入でV字回復を果たし、沖縄県へもテーマパーク建設に乗り出す中、米カリフォルニア州の「ユニバーサル・スタジオ・ハリウッド」などを展開するNBCユニバーサルのグループに加われば、運営ノウハウ取得などで今後、さらにアジアでのテーマパーク事業強化が期待できそうだ。

 ユー・エス・ジェイは現在、NBCユニバーサルからUSJの運営ライセンス供与を受ける一方で、資本関係はない。

 今回の買収交渉が成立し、NBCユニバーサルの傘下に入れば、これまで以上に米映画のコンテンツを入手しやすくなるメリットなどがありそうだ。

 ハリー・ポッター効果などで昨年度の入場者数は過去最多の約1270万人を記録したUSJだが、これまでの歩みは紆余曲折が続いてきた。

 ユー・エス・ジェイは平成13年、大阪市などが出資する第三セクターとしてUSJ運営を開始。19年に東京証券取引所の新興市場マザーズに上場したが、業績が振るわず、米投資銀行大手ゴールドマン・サックス系ファンドによる株式公開買い付け(TOB)で21年に上場廃止していた。

 しかし、昨年7月の「ハリー・ポッター」エリア導入などで、外国人観光客も急増し、業績はV字回復。沖縄県には「ユニバーサル」ブランドを使わない自然をテーマにしたパーク開業も計画するなど、新たな展開を模索している。

「産経WEST」のランキング