産経WEST

【ビジネスの裏側】韓国ロッテの「パクリ」認定 グリコの高級ポッキーが勝訴 「お家騒動」に追い打ち

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【ビジネスの裏側】
韓国ロッテの「パクリ」認定 グリコの高級ポッキーが勝訴 「お家騒動」に追い打ち

韓国ロッテグループの「プレミア ペペロ」(左)と江崎グリコの「バトンドール」

 人気菓子、ポッキーの高級版「バトンドール」と箱の形が酷似した商品を韓国のロッテグループが同国内で販売したとして、江崎グリコが販売差し止めを求めた訴訟で、ソウル中央地裁がグリコ側の訴えを認める判決を出した。ロッテはグリコが日本でポッキーを売り出した後に韓国で同様の菓子を「ペペロ」として販売したが、同国内で人気が定着し、本家のポッキーの認知度は低いのが実情。ロッテがお家騒動で揺れているなか、グリコの反転攻勢のきっかけになるかもしれない。

 韓国の裁判所、ロッテをバッサリ

 「(ロッテの製品は)グリコの製品をまねて作られたものだと考えられる」

 朝鮮日報(日本語電子版)によると、8月下旬にグリコの訴えを認める判決を下した韓国のソウル中央地裁はこう断じたという。

 事の起こりは昨秋。グリコの韓国駐在員が、ロッテが発売したペペロの高級版「プレミア ペペロ」の箱の形がバトンドールと酷似していることに気付いた。縦長の箱の中央部分に「くびれ」があるような優雅な曲線の形状や、白を効果的に配した色づかいが特に似ていた。

 バトンドールは、グリコの関西だけの限定商品で、阪急百貨店梅田本店にある専門店などは連日大行列の人気を誇る。グリコは韓国でもパッケージの意匠権を取得しており、無断でデザインを使用した権利侵害に当たると判断。商品の回収を求める警告文をロッテ側に出した上で「対応が不十分」として昨年11月に訴訟に踏み切った。

関連トピックス

「産経WEST」のランキング