産経WEST

【関西の議論】ちょっとセクシーすぎる? 海女萌えキャラに抗議殺到 サミット開催予定地に持ち上がった騒動の行方

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
ちょっとセクシーすぎる? 海女萌えキャラに抗議殺到 サミット開催予定地に持ち上がった騒動の行方

海女さんをイメージした三重県志摩市公認の萌えキャラ「碧志摩メグ」。本物の海女さんらによる公認撤回の要求が突きつけられている 海女さんをイメージした三重県志摩市公認の萌えキャラ「碧志摩メグ」。本物の海女さんらによる公認撤回の要求が突きつけられている

 来年5月に伊勢志摩サミット(主要国首脳会議)が開催される三重県志摩市で、海女をイメージした同市公認の萌えキャラクター「碧志摩(あおしま)メグ」をめぐる騒動が波紋を広げている。「性的すぎて不快」などと現役の海女ら約300人が公認撤回を求める署名を提出。これに対して、市は撤回しない方針を明らかにして両者の溝が埋まる気配はない。過去には、こうした騒動が持ち上がったことで知名度が上がったこともあれば、消えてしまったケースも。果たして、碧志摩メグはサミットまで生き残れるのか。(川西健士郎)

胸を強調したポスターに「女性蔑視」の声

 碧志摩メグは昨年10月、市が公認の萌えキャラとして発表した。

 17歳の高校生で身長158センチ、体重46キロ。両親は会社員だが、大好きなおばあちゃんが海女の名人だったことから海女の世界へ。初心者のためまださほど潜れないが、かわいくておしゃれな海女を目指しているという。性格は明るくて元気だが、ちょっとドジ。

 プロフィル設定を読んだだけではどこにでもいる普通の女の子だが、問題は碧志摩メグの容姿にあった。

 今年4月に志摩市に公認撤回を求める意見書を提出した同市の主婦、宇坪伊佐子さん(39)は、同市のポスターを見たときのショックをこう振り返る。

 「磯着の裾は大きくはだけ、胸の形までくっきりと強調されている。海女という職業をいやらしいイメージに誤解させ、後継者問題の足を引っ張っている。これは女性蔑視で差別そのものです」

(次ページ)実は、すでに海女キャラあった…ビジネス展開も視野

このニュースの写真

  • ちょっとセクシーすぎる? 海女萌えキャラに抗議殺到 サミット開催予定地に持ち上がった騒動の行方
  • ちょっとセクシーすぎる? 海女萌えキャラに抗議殺到 サミット開催予定地に持ち上がった騒動の行方
  • ちょっとセクシーすぎる? 海女萌えキャラに抗議殺到 サミット開催予定地に持ち上がった騒動の行方
  • ちょっとセクシーすぎる? 海女萌えキャラに抗議殺到 サミット開催予定地に持ち上がった騒動の行方
  • ちょっとセクシーすぎる? 海女萌えキャラに抗議殺到 サミット開催予定地に持ち上がった騒動の行方
  • ちょっとセクシーすぎる? 海女萌えキャラに抗議殺到 サミット開催予定地に持ち上がった騒動の行方
  • ちょっとセクシーすぎる? 海女萌えキャラに抗議殺到 サミット開催予定地に持ち上がった騒動の行方

「産経WEST」のランキング