産経WEST

「僕はウイスキー職人」維新・橋下氏が、政党結成を酒造りにたとえ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「僕はウイスキー職人」維新・橋下氏が、政党結成を酒造りにたとえ

記者の質問に答える橋下徹大阪市長=3日午後、大阪市役所

 地域政党「大阪維新の会」代表の橋下徹大阪市長は3日、「2回の蒸留で完璧な“維新スピリッツ(蒸留酒)”が出来上がった。ウイスキー職人ですよ」と語り、自身が主導し、維新の党の大阪選出の国会議員らが参加する新たな国政政党の結成を酒造りに例えた。市役所での定例会見で述べた。

 橋下氏は、共同代表を務めていた旧「日本維新の会」が分裂した後、旧「結いの党」と合流して維新の党が生まれ、結成から約1年で維新の党が分裂することを念頭に、「維新スピリッツ、まさに維新の精神を抽出していくために、蒸留的にやっていくというやり方もある」と発言。「離合集散」は必要な手順だったとの認識を示した。

 一方、「維新スピリッツを理解していなかったメンバーが全員外へ行ってくれるなら大正解だ」とも語り、これまで衝突の多かった民主党出身議員らとたもとを分かち、“純化路線”で再出発することを自賛してみせた。

「産経WEST」のランキング