産経WEST

【動画】“爆買い”取り込め!ファストファッション激戦区、初のメンズ店も…心斎橋で生き残り競争

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【動画】
“爆買い”取り込め!ファストファッション激戦区、初のメンズ店も…心斎橋で生き残り競争

 最新の流行を低価格で提供するファストファッションブランドが約10店も集中する大阪・ミナミの心斎橋、道頓堀周辺で、各店が差別化戦略を打ち出し始めた。スウェーデンの「ヘネス・アンド・マウリッツ(H&M)」の日本法人が女性ブランド中心のイメージを打破しようと、H&Mで国内初の男性向け専門店を5日にオープンさせるほか、ライバル店も“爆買い”を続ける中国人ら訪日外国人客の嗜好に合わせた品ぞろえを強化するなど、生き残りをかけた競争がさらに激しくなっている。(中山玲子)

スタイリスト常駐

 「関西には(リーズナブルな)価格を重視し、ファッションにも目の肥えた客が多い」。3日、H&M戎橋メンズの内覧会でH&M日本法人の担当者は、同社で国内初の男性向け専門店の出店地に関西を選んだ理由を、こう説明した。

 H&Mは心斎橋、道頓堀周辺に3店舗を構える。このうちH&M傘下の別のブランドが入っていた店舗を今回、男性向け専門のH&M戎橋メンズ(地上3階、地下1階)として新たにオープン。残る2店舗をそれぞれ女性向け(戎橋店)と家族向け(心斎橋店)にし、販売対象を明確にした店舗展開にする。

 戎橋メンズでは、常駐のスタイリスト約5人が事前予約制により1対1で対応し、コーディネートなどで相談にのる。「(H&Mのブランドは)商品の種類やサイズが豊富なため、服選びで悩む男性客は多い」と広報担当者。発祥が婦人服のH&Mは女性ブランドの印象が強いが、きめ細かなサービスを提供することで男性客も増やす考えだ。

訪日外国人客まとめ買い「10~20枚も買っていく」

このニュースの写真

  • “爆買い”取り込め!ファストファッション激戦区、初のメンズ店も…心斎橋で生き残り競争

「産経WEST」のランキング