産経WEST

歌劇100年で記念像お披露目 阪急宝塚駅前

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


歌劇100年で記念像お披露目 阪急宝塚駅前

歌劇のスターの銅像と同じポーズをとる花組の2人=1日、宝塚市栄町(竹内一紘撮影)

 兵庫県宝塚市は1日、宝塚歌劇団が昨年100周年を迎えたことを記念し、スターをモチーフにした銅像の除幕式を阪急宝塚駅前で開いた。

 銅像は台座を含めて高さ約2・3メートル。歌劇団舞台美術担当の関谷敏昭さんがデザインし、男役と娘役が華やかに踊る姿をイメージしている。

 式には歌劇団花組男役の水美(みなみ)舞斗(まいと)さんと娘役の城妃(しろき)美伶(みれい)さんも出席。銅像と同じポーズをとりながら、「宝塚歌劇も見に来て」とPRした。

「産経WEST」のランキング