産経WEST

【関西の議論・動画】実写版・初音ミクの正体は“性転換美女”…生まれ変わった“彼女”が教師の「悩みの相談」にのるワケとは

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論・動画】
実写版・初音ミクの正体は“性転換美女”…生まれ変わった“彼女”が教師の「悩みの相談」にのるワケとは

ダンスを披露するコスプレシンガーの麻倉ケイトさん=大阪市天王寺区

 性同一性障害を乗り越え、バーチャルアイドル「初音ミク」の“実写版”として世界からも注目される歌手が大阪にいる。手術で女性に生まれ変わった麻倉ケイトさん。ミクの衣装で、つらい障害を乗り越えた体験談と歌を披露するトークショーが教員らの間で話題となったのをきっかけに、大阪から近畿各地へと活動の幅が広がっている。背景には教育現場で増える性同一性障害の子供に対するケアの充実を図ろうとする国の動きがある。一方、インターネットを通じて麻倉さんの活動を知った海外のイベンターからの出演依頼も殺到。夢は「性別や国籍を越えた世界のスーパースター」だ。

(北村博子)

スカートが履きたい

 「『男性の体』に閉じ込められた感じがしました。両親にも言えず、身近な大人である先生と秘密の共有がしたかった」

 8月上旬、大阪市天王寺区のホテルで行われた人権教育の勉強会。詰めかけた小中高校の教諭ら200人以上が真剣なまなざしで見つめる中、壇上の麻倉さんはつらい過去を振り返った。黒のミニスカートまで垂れ下がる青色の髪を左右に束ね、バーチャルアイドル・初音ミクのコスチュームに身を包む。180センチを超す長身以外は見るからにコスプレを楽しむ「女性」だが、ずっと「男性」として生きることを余儀なくされてきた。

 「保育所の頃はなんとなくでしたが、小学校に入るとはっきり違和感に気づきました。赤いランドセルがほしい。スカートが履きたいんだけど、親から『ダメ、男らしくしなさい』と怒られる。それがすっごく嫌で、頭が変になったのかなって思いました」

 幼少期の戸惑いを赤裸々に打ち明ける麻倉さんの一つ一つの言葉に、教員らがうなづきながら耳を傾ける。

 「トイレの問題もあります。男子に混じって(小便器の前に)並んでも緊張して出ない。(大便用の)個室を使うようになり、『大ちゃん』というあだ名がつきました。プールの授業も“ない胸”を隠すぐらい恥ずかしかった」

 学生時代は「ホモ」「オカマ」と同級生からからかわれ、教員からは「男らしく」の一点張りだったという。

(次ページ)教育現場で配慮…教員らの意識の高まり、文科省も本腰

このニュースの写真

  • 実写版・初音ミクの正体は“性転換美女”…生まれ変わった“彼女”が教師の「悩みの相談」にのるワケとは
  • 実写版・初音ミクの正体は“性転換美女”…生まれ変わった“彼女”が教師の「悩みの相談」にのるワケとは
  • 実写版・初音ミクの正体は“性転換美女”…生まれ変わった“彼女”が教師の「悩みの相談」にのるワケとは
  • 実写版・初音ミクの正体は“性転換美女”…生まれ変わった“彼女”が教師の「悩みの相談」にのるワケとは

関連トピックス

「産経WEST」のランキング