産経WEST

【駅グルメ探検隊】熟成させた味とコシ めんが強烈に自己主張 JR巻向駅 「三輪茶屋」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【駅グルメ探検隊】
熟成させた味とコシ めんが強烈に自己主張 JR巻向駅 「三輪茶屋」

 「万葉」には、柿の葉ずしと吉野本くずを使ったくず餅がついており、そうめんと併せて奈良名物を3点セットで楽しめる。

 せっかくなので、そうめんを家でおいしく食べるための秘訣を聞いた。「たっぷりのお湯を使うことと、ゆで時間を守ること。これに尽きます。時間はめんの細さによって違うのでご注意を」と吉本さん。めん投入後、沸騰した湯に“びっくり水”(差し水)をかけるのはNG。「湯温が下がり、正確にゆで時間を計ることが困難になるからです。火を緩めるだけで十分です」

 これだけのことで、自宅でもかなりおいしいそうめんを楽しめるという。さっそく試そう。

 文・古野英明

 イラスト・清水浩二

 奈良県桜井市箸中880。(電)0744・43・6661。店頭販売のそうめんは「白龍」(250グラム・950円)、「白髪」(0・3ミリの超極細、90グラム・450円)、「土蔵囲い」(0・9ミリ~1ミリ、200グラム・580円)など。売店は12月31日のみ休み。

関連ニュース

【駅グルメ探検隊】バブル時代のゴージャス感にひるむな 地下鉄・心斎橋駅 「アクアリウムダイニング 心斎橋LIME」

「産経WEST」のランキング