産経WEST

【戦後70年】特攻兵器「桜花」の秘密訓練基地の映像を発見…専門家は「衝撃映像だ」 京都、滋賀をまたぐ比叡山中 

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【戦後70年】
特攻兵器「桜花」の秘密訓練基地の映像を発見…専門家は「衝撃映像だ」 京都、滋賀をまたぐ比叡山中 

「桜花」を発射するカタパルトの先端部分を捉えた映像の1カット。先には琵琶湖湖畔が見える(「豊の国宇佐市塾」提供) 「桜花」を発射するカタパルトの先端部分を捉えた映像の1カット。先には琵琶湖湖畔が見える(「豊の国宇佐市塾」提供)

 終戦間際、旧海軍が開発を進めていた航空機型特攻兵器「桜花」の秘密訓練基地を撮影した映像が残されていることが18日、明らかになった。さきの大戦の映像や文献を収集している大分県宇佐市の市民団体「豊の国宇佐市塾」(塾頭、平田崇英氏)が、米国立公文書館で見つけた。地上発射型桜花四三乙型の出撃基地に関する映像は珍しく、専門家は「衝撃的だ」と一様に驚いている。(村上智博)

 映像は7分44秒のモノクロで、基地は滋賀県と京都府にまたがる比叡山(848メートル)で建設途上のものだった。まず、「LAUNCHER」(発射装置)と題し、昭和20年10月23日の撮影だと紹介する。

 映像は米軍が撮影したもので、比叡山の東側、琵琶湖に面した山肌を、比叡山鉄道のケーブルカーで米軍関係者らが登る様子を映し出した。

 やがて、カメラは山頂付近で建設途上だった基地の撮影に移る。搭乗員養成用の練習機を運び上げるレールや丸太、クレーンなどの建築資材が写っていた。

 約800キロの重い弾頭を積んだ桜花は自力で飛び上がれず、陸上からカタパルト(射出機)で発射させる。発射後は搭乗員が操作し、ターボ・ジェットエンジンで、目標に向かう仕組みだ。

 機体をカタパルトに搭載するための装置や、射出方向の琵琶湖に向け、機体を方向転換させるための回転台も映っていた。

 カタパルトの映像の向こうには湖面が映り込む。傾斜のある山肌に隠すように作られた格納庫の入り口も撮影していた。

このニュースの写真

  • 特攻兵器「桜花」の秘密訓練基地の映像を発見…専門家は「衝撃映像だ」 京都、滋賀をまたぐ比叡山中 
  • 特攻兵器「桜花」の秘密訓練基地の映像を発見…専門家は「衝撃映像だ」 京都、滋賀をまたぐ比叡山中 

「産経WEST」のランキング