産経WEST

【関西の議論】関西人未知の「コロッケそば」実は大阪がルーツ? 創業半世紀の“老舗”がJR大阪駅前にあった!!

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
関西人未知の「コロッケそば」実は大阪がルーツ? 創業半世紀の“老舗”がJR大阪駅前にあった!!

「麺処潮屋梅田店」のコロッケそば

 首都圏で多くの人に愛されている「コロッケそば」。汁そばにコロッケが乗ったちょっと変わった一品だが、関西ではなじみが薄く、その存在すら知らない人が多い。そんな中、大阪の玄関口・JR大阪駅前で、昭和44(1969)年の創業当時からこのメニューを提供し続けている立ち食いそば・うどんの店がある。首都圏では、昭和50年代以降、小田急電鉄の駅で店舗展開する「箱根そば」のコロッケそばによって広まったとされるが、記録が残されていない。くしくも使われるコロッケは両方ともカレー味。「一番古いのは大阪ではないか」。B級グルメに詳しい専門家からはそんな声も出ている。(張英壽)

■「生まれて初めて聞いた」

 コロッケそばは首都圏の立ち食いそば店では、一般的なメニューだが、大阪・ミナミの南海なんば駅前で、人々に尋ねると、「聞いたことがない」「生まれて初めて聞いた」「食べたことがない」という答えがほとんどだった。「聞いたことがある」とした人も実際には食べていなかった。

 大阪府泉大津市の専門学校の男性(21)も「初めて聞いた」といい、「天ぷらそばは食べるけど、コロッケを入れるというのは抵抗がある。コロッケはソースをかけて食べるのが一番」と話す。大阪市北区の女性会社員(27)は「うどんやそばに天ぷらは合うけど、コロッケは合わない。コロッケはごはんと食べる」と断言した。

 そばに天ぷらは「あり」だが、コロッケは「ダメ」という意見は多く、堺市西区の男性会社員(51)は「天ぷらはだしを吸ってもおいしいけど、パン粉のコロッケは…」と困惑。「いやや」と声をあげた30代の女性も「揚げ物がふにゃふにゃになりそう」と話した。

 一方、少数だが、肯定派もいた。大阪市住吉区の女性会社員(35)は「コロッケそばは食べたことはないけど、『あり』だと思う。うどんだって、パスタ用のクリームソースをかけることもある。麺類は、何でもありでは」と提案した。

このニュースの写真

  • 関西人未知の「コロッケそば」実は大阪がルーツ? 創業半世紀の“老舗”がJR大阪駅前にあった!!
  • 関西人未知の「コロッケそば」実は大阪がルーツ? 創業半世紀の“老舗”がJR大阪駅前にあった!!
  • 関西人未知の「コロッケそば」実は大阪がルーツ? 創業半世紀の“老舗”がJR大阪駅前にあった!!
  • 関西人未知の「コロッケそば」実は大阪がルーツ? 創業半世紀の“老舗”がJR大阪駅前にあった!!

「産経WEST」のランキング