産経WEST

日本の空を守った戦闘機「紫電改」 物作りの素晴らしさ伝えたい 愛媛

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


日本の空を守った戦闘機「紫電改」 物作りの素晴らしさ伝えたい 愛媛

開館後35年が経過した紫電改展示館=愛媛県愛南町 開館後35年が経過した紫電改展示館=愛媛県愛南町

 県遺族会の池見健弌事務局長(75)は「元気な時は遺品(形見)を手放せないが、70年を区切りとして最後に後世に残したいとの思いがある」と寄託する遺族の心情を語る。池田丈志禰宜は「50年後や百年後、戦争や先祖を知らない人に、祖先が国を守るために戦ったことを学ぶ場所にしたい」と力を込めた。   (新山隆朝)

関連ニュース

「特攻の歴史」体現する鶉野飛行場 米英が恐れた最新鋭戦闘機「紫電改」も…戦後70年経て再評価

「産経WEST」のランキング