産経WEST

日本の空を守った戦闘機「紫電改」 物作りの素晴らしさ伝えたい 愛媛

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


日本の空を守った戦闘機「紫電改」 物作りの素晴らしさ伝えたい 愛媛

開館後35年が経過した紫電改展示館=愛媛県愛南町 開館後35年が経過した紫電改展示館=愛媛県愛南町

 戦後70年を迎え、戦争体験者や戦没者の遺族の多くが次々と鬼籍に入っている。戦争体験の風化が危惧されているなか、愛媛県内の戦争遺構や資料、遺品を展示する施設の現状や取り組みを追った。

日本で1機だけ現存…70年ぶり雄姿と再開

 愛媛県愛南町の「紫電改展示館」。昭和53(1978)年、同町沖の海底で新鋭戦闘機「紫電改」の機体が発見され、翌年に引き揚げられた。日本国内では、ただ1機のみ保存展示されている。

 紫電改は、敗色濃い太平洋戦争末期に零戦に代わる戦闘機として海軍が投入。同機は昭和20(1945)年7月に宇和海上空で圧倒的な戦力を誇る敵機と交戦し、未帰還となった1機。

 盆休み期間中の展示館は多くの老若男女でにぎわっていた。開館後35年が経過したものの、昨年度は約2万9千人が入館。戦闘機をテーマにした小説やドラマなどの影響で入館者はやや増えたという。

 70年ぶりに“雄姿”と再会した神戸市在住の増川正康さん(85)は「懐かしい」と涙ぐんだ。増川さんは15歳の時に故郷の同県三崎町(現伊方町)から姫路の軍需工場(旧川西航空機)に派遣された。「紫電改の整備をしていた」当時の記憶をたどり、機体の部品を確かめていた。

 同館には、紫電改が配備された松山基地のジオラマなど寄贈品が多く展示されており、「日本人のもの作りの素晴らしさ、紫電改に乗って命をかけて戦った若者が存在した事実を伝えたい」とメッセージを記している。

(次ページに、零戦が飛ぶ動画)児童たち「考える機会になった」、「伝える」出前授業

関連ニュース

「特攻の歴史」体現する鶉野飛行場 米英が恐れた最新鋭戦闘機「紫電改」も…戦後70年経て再評価

「産経WEST」のランキング