産経WEST

手縛られた遺体は10-20代女性、胴体中心に傷数十カ所 捜査本部設置へ 大阪・高槻

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


手縛られた遺体は10-20代女性、胴体中心に傷数十カ所 捜査本部設置へ 大阪・高槻

手を縛られた女性とみられる遺体が見つかった現場付近=14日午前1時5分ごろ、大阪府高槻市番田(野々山暢撮影)

 大阪府高槻市で13日夜に手を縛られた女性とみられる遺体が見つかった事件で、遺体の胴体を中心に計数十カ所のかすり傷や切り傷があったことが14日、大阪府警への取材で分かった。中には刃物でつけられたとみられる傷もあった。遺体は女性で10~20代とみられ、府警は身元の特定を急ぐとともに、死体遺棄事件として高槻署に捜査本部を設置する方針。

 府警によると、女性は後ろ手に粘着テープで縛られ、うつぶせに倒れた状態で見つかった。粘着テープは市販のものとみられる。女性は白のシャツに黒のタンクトップ、デニムの短パン姿だったが、着衣に乱れはなかった。靴は履いていなかった。小柄な体形で腐敗はしていなかった。携帯電話や財布などの所持品は見つかっていない。

 遺体が見つかったのは13日午後11時35分ごろ。大阪府高槻市番田の物流会社の駐車場で、仕事を終えてトラックを止めた男性従業員が発見し、110番した。駐車場内で争ったような形跡はなかったという。同日昼ごろには遺体はなかったとの情報もあり、府警は別の場所で事件に巻き込まれて死亡した女性が駐車場に遺棄された可能性もあるとみて、詳しい経緯を調べている。

 現場は京阪本線枚方公園駅から北西に約1・6キロの工場や民家などが点在する地域。

「産経WEST」のランキング