産経WEST

マージャンで介護サービス「NO」 神戸市、事業所不指定可能の条例案提出へ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


マージャンで介護サービス「NO」 神戸市、事業所不指定可能の条例案提出へ

神戸市の久元喜造市長=7月6日、豪州ブリスベン(共同)

 神戸市は11日、パチンコやマージャンなどの遊技を主な介護内容とする「アミューズメント型デイサービス」を行う事業所を介護事業所に指定しないようにできる条例改正案を、9月の市議会に提案すると発表した。成立すれば全国初という。

 市によると、マージャンなどの遊技を介護の一部に取り入れる事業所が全国的に増えており、遊技を主な介護サービスとする事業所もある。現行の法令では、このような事業所でも開設申請があれば、自治体は認可せざるを得ないという。

 市にも開設申請が数件あり、今回の対応に踏み切った。規制する内容は、介護の主体が遊技▽射幸心を著しく高める疑似通貨の使用▽賭博を連想させる広告-などを想定。市は今月中にパブリックコメントを実施し、市議会に提案する。

 久元喜造市長は「遊技の介護への取り入れを全て否定するわけではないが、介護保険は大部分が公費と保険料でまかなわれている。過剰で不必要なサービスは自己負担増にもつながりかねない」と話した。

「産経WEST」のランキング