産経WEST

【メガプレミアム】中国最新鋭機の秘密が米軍に筒抜けに 南沙諸島進出の封じ込めに効果?

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【メガプレミアム】
中国最新鋭機の秘密が米軍に筒抜けに 南沙諸島進出の封じ込めに効果?

米海軍との異機種間空中戦訓練に参加したマレーシア軍のSu-30フランカー(米海軍公式HPより)

 米国製の戦闘機とロシア製の戦闘機が5月10日、南シナ海上空で激しい“空中戦”を繰り広げた-。とはいっても実戦ではない。南シナ海のスプラトリー(南沙)諸島の埋め立てと恒常的な基地化に突き進む中国に対抗するため、米軍とマレーシア軍が協力。中国軍と同じロシア製戦闘機「Su-30フランカー」を持つマレーシア軍が“練習試合”で中国軍戦闘機を制する秘策を明らかにしたのだ。(岡田敏彦)

敵役は本物

 米海軍によると、訓練に参加したのは原子力空母カールビンソン(ニミッツ級・約10万1千トン)を中心とした第7艦隊とその戦闘機群、そして、マレーシア空軍の「Su-30MKフランカー」と「Mig-29N」。マレーシア空軍機はいずれもロシア製で、特にSu-30MKは中国の新鋭戦闘機と同型機。冷戦時代なら「鉄のカーテン」に隠されていたはずの東側戦闘機の性能を、マレーシア空軍が米軍に出し惜しみなく提供したのだ。その方法は、DACT(異機種間空中戦訓練)。映画「トップガン」で一躍有名になった、違う機種同士での戦闘訓練だ。

 同映画では、主人公の乗る当時の新鋭戦闘機F-14トムキャットが、空中戦訓練で教官の乗る旧式の小型攻撃機A-4スカイホークに翻弄されるシーンが展開されたが、米軍がこんな訓練を行うのは過去の苦い経験によるものだ。

ミサイル万能論を覆した“中国の隣”ベトナム戦争…教訓のトップガン学校、仮想“中国軍機”

このニュースの写真

  • 中国最新鋭機の秘密が米軍に筒抜けに 南沙諸島進出の封じ込めに効果?
  • 中国最新鋭機の秘密が米軍に筒抜けに 南沙諸島進出の封じ込めに効果?
  • 中国最新鋭機の秘密が米軍に筒抜けに 南沙諸島進出の封じ込めに効果?
  • 中国最新鋭機の秘密が米軍に筒抜けに 南沙諸島進出の封じ込めに効果?

「産経WEST」のランキング