産経WEST

元吉本新喜劇・花紀京さん死去 父は横山エンタツ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


元吉本新喜劇・花紀京さん死去 父は横山エンタツ

花紀京さん 花紀京さん

 喜劇俳優の花紀京(はなき・きょう、本名・石田京三=いしだ・きょうぞう)さんが5日午後7時44分、肺炎のため、大阪市内の病院で亡くなった。78歳。とぼけた味わいのある芸風で吉本新喜劇の黄金時代を築き、多方面で活躍していたが、平成15年5月に自宅で入浴中に倒れた。葬儀・告別式は家族葬で執り行う。

 近代漫才を興した横山エンタツの次男。小さいころから寄席が好きだったが、父に芸界入りを反対されて関西大学仏文科に進学。あきらめきれず家出し、大学も1年で中退した。

 劇作家、花登筐に弟子入りしOSミュージックの寸劇で初舞台。そのあと花登劇団「笑いの王国」に参加した。昭和37年に吉本興業に入り、芸名は本名の“京”と、花登の“花”をもらい“ききょうの花”をひっくり返した形にした。

 ホンワカ、ホンワカ~のテーマ曲にのった新喜劇では岡八朗(当時・八郎)さんとのコンビで爆笑の舞台を展開。絶妙の間(ま)で主役を食う、したたかな作業員がはまり役だった。漫才ブームの昭和55年に岡さんと大型漫才コンビを組み、話題になった。

 吉本の“新喜劇若返り”方針で岡さんらと平成元年に退団したが、たしかな演技力を買われ舞台やNHK朝の連続テレビ小説、バラエティー番組、CMなど幅広く活躍。昭和48年に「上方お笑い大賞」金賞受賞、平成13年にはダウンタウンらとのユニット「Re・Japan」でNHK紅白歌合戦に初出場した。

 シャイで控え目、“京ぼん”の愛称で呼ばれ、「主役の器やない」と脇役にまわることが多かった。偉大な父親について「エンタツを襲名するなんて考えてまへん」といい、「親の名は芸界入りの時に役に立ったけど、笑いの芸は七光だけでは誰も笑ってくれまへん」とよく話した。

 昭和38年に松竹新喜劇の曾我廼家五郎八の娘で、女優の西岡慶子と結婚、しばらくして離婚した。

このニュースの写真

  • 元吉本新喜劇・花紀京さん死去 父は横山エンタツ

関連トピックス

「産経WEST」のランキング