産経WEST

【鉄道ファン必見】「ダイヤモンドクロス」に機関車転回…公共交通の優等生「伊予鉄道」は“ここだけしか見られない”がいっぱいに詰まっていた

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【鉄道ファン必見】
「ダイヤモンドクロス」に機関車転回…公共交通の優等生「伊予鉄道」は“ここだけしか見られない”がいっぱいに詰まっていた

高浜線の鉄道線と市内電車の軌道線が交差する「ダイヤモンドクロス」。市内電車(手前)が郊外電車の通過を待っている=松山市

 明治21(1888)年に国内2番目の民営鉄道(私鉄)として開業した「伊予鉄道」。松山市を中心に、愛媛県内に交通網を巡らせる県内最大手の私鉄として知られるが、130年近い歴史を誇るだけに全国で“ここだけ”というスポットが数多く残る。鉄道線と軌道線が交差する「ダイヤモンドクロス」をはじめ、全国初の狭軌の軽便鉄道だった歴史を現代に伝える「坊っちゃん列車」などが、鉄道ファンたちの胸を熱くさせている。鉄軌道もバス事業も単体で黒字経営が続き、「地方公共交通の優等生」と呼ばれる秘密を探った。(豊田大祐)

全国唯一…直角に斜めに平面交差

 伊予鉄高浜線の大手町駅北側にある踏切で、ちょっと変わった光景を見ることができる。松山市内を走る路面電車が、郊外電車の通過を待つ姿だ。

 「ガタンゴトン」と重量級の音をたてて郊外電車が通過していく。送電線も交差しているため、電車の通過時にはバシッと火花が飛ぶ。その模様を見逃さないように、鉄道ファンらが必死にカメラのシャッターを切っていた。

 線路が平面上で直角に交差する場所は、通称「ダイヤモンドクロス」と呼ばれている。

 かつては西宮北口駅(兵庫県西宮市)で阪急神戸線と同今津線の両鉄道線が交差していたが、昭和59(1984)年の駅改装で消滅。今津線は同駅で南北に分断される形で運行されている。このほかにも、土佐電鉄(高知県)などでは軌道線同士がクロスしている場所があるが、鉄道線と軌道線が交差しているのは日本全国を探してもここだけだ。

(次ページ)鉄道好き以外も必見…重い列車を、ぐるっと手で転回180度!

このニュースの写真

  • 「ダイヤモンドクロス」に機関車転回…公共交通の優等生「伊予鉄道」は“ここだけしか見られない”がいっぱいに詰まっていた
  • 「ダイヤモンドクロス」に機関車転回…公共交通の優等生「伊予鉄道」は“ここだけしか見られない”がいっぱいに詰まっていた
  • 「ダイヤモンドクロス」に機関車転回…公共交通の優等生「伊予鉄道」は“ここだけしか見られない”がいっぱいに詰まっていた
  • 「ダイヤモンドクロス」に機関車転回…公共交通の優等生「伊予鉄道」は“ここだけしか見られない”がいっぱいに詰まっていた
  • 「ダイヤモンドクロス」に機関車転回…公共交通の優等生「伊予鉄道」は“ここだけしか見られない”がいっぱいに詰まっていた
  • 「ダイヤモンドクロス」に機関車転回…公共交通の優等生「伊予鉄道」は“ここだけしか見られない”がいっぱいに詰まっていた
  • 「ダイヤモンドクロス」に機関車転回…公共交通の優等生「伊予鉄道」は“ここだけしか見られない”がいっぱいに詰まっていた
  • 「ダイヤモンドクロス」に機関車転回…公共交通の優等生「伊予鉄道」は“ここだけしか見られない”がいっぱいに詰まっていた

「産経WEST」のランキング