産経WEST

世界的ロックギタリスト、ジミー・ペイジ氏が原爆慰霊碑に献花 44年ぶり広島

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


世界的ロックギタリスト、ジミー・ペイジ氏が原爆慰霊碑に献花 44年ぶり広島

慰霊碑に献花したジミー・ペイジ氏=30日、広島市中区の平和記念公園

 被爆70年の原爆の日(8月6日)を前に、英国の伝説的ロックバンド「レッド・ツェッペリン」のギタリスト、ジミー・ペイジさん(71)が30日、広島市中区の平和記念公園を訪れ、原爆慰霊碑に献花した。

 黒のスーツに身を包んだペイジさんはゆっくりと慰霊碑の前に進み、花を手向けた。その後、歩いて原爆ドームを訪れ、犠牲者に哀悼の意を示した。

 44年ぶりの広島訪問となったペイジさんは「初めて広島に来たときの謙虚な気持ちは今も覚えている。今日ここに戻ってこれたことを光栄に思う。これからも平和を祈り続けたい」と話した。

 レッド・ツェッペリンはアルバムの総売上が3億枚を超える。昭和46(1971)年の日本ツアーでは、広島公演をチャリティー・コンサートとして行い、売上金700万円を被爆者のために寄付した。今回は収録作品のプロモーションのために来日した。

このニュースの写真

  • 世界的ロックギタリスト、ジミー・ペイジ氏が原爆慰霊碑に献花 44年ぶり広島
  • 世界的ロックギタリスト、ジミー・ペイジ氏が原爆慰霊碑に献花 44年ぶり広島
  • 世界的ロックギタリスト、ジミー・ペイジ氏が原爆慰霊碑に献花 44年ぶり広島
  • 世界的ロックギタリスト、ジミー・ペイジ氏が原爆慰霊碑に献花 44年ぶり広島

「産経WEST」のランキング