産経WEST

「アベ政治を許さない」寸劇で政権批判の労組イベント、市が打ち切る 兵庫・姫路

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「アベ政治を許さない」寸劇で政権批判の労組イベント、市が打ち切る 兵庫・姫路

途中で中止となった政権批判のイベントが行われた姫路駅北にぎわい交流広場=姫路市駅前町

 兵庫県姫路市のJR姫路駅前の広場「姫路駅北にぎわい交流広場」で24日に開かれたイベントで、安倍政権を批判する内容のビラの掲示や寸劇などがあり、広場を管理する市が途中で中止させていたことが28日、姫路市への取材で分かった。

 市によると、イベントは姫路市周辺の労働組合でつくる西播地域労働組合総連合が主催した「駅前文化祭」で、24日午後5時から駅前の地下スペースに設けられた広場で始まった。

 「アベ政治を許さない」と書かれたビラを掲げたほか、同様の内容のシュプレヒコールなどをくり返し行ったことから、市が中止を要請。イベントは午後8時まで約3時間の予定だったが、午後7時ごろに打ち切られた。

 労組側は広場の使用料として4千円を支払っていたという。

 市の条例では、広場の設置目的を「市民にくつろぎの空間とにぎわいを提供し、中心市街地の活性化に寄与すること」と規定している。市姫路駅周辺整備室の担当者は「イベントは広場の利用の趣旨に合わない内容のものが行われたのでくり返し注意をした上で、最終的に中止を求めた。政治的内容だからではない」と話している。

「産経WEST」のランキング