産経WEST

【大阪会議】橋下氏再対決「都構想の対案と明記せよ」、柳本氏「都構想という幻想にまだいる」 初回から批判合戦

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【大阪会議】
橋下氏再対決「都構想の対案と明記せよ」、柳本氏「都構想という幻想にまだいる」 初回から批判合戦

第1回大阪戦略調整会議で挙手する、橋下徹大阪市長=24日、大阪市中央区のプリムローズ大阪(門井聡撮影)

 大阪府と大阪、堺の両政令市の首長や議員が広域的行政課題を話し合う「大阪戦略調整会議」(大阪会議)の第1回会合が24日午前、大阪市内で開かれた。会議の運営ルールとなる規約案をめぐり、大阪維新の会と他会派の議論が紛糾。規約を決定できず、課題の具体的協議に進めないまま終了した。

 5月の住民投票で大阪都構想が頓挫後、大阪のあり方をどう進めていくかが注目される会議だが、会議の規約に「都構想の対案である」と明記するかをめぐり、橋下徹大阪市長(大阪維新の会代表)の問題提起から、自民党や公明党などとの意見が鋭く対立。早くも、出口の見えない議論に突き進んでいる。

 「条例はまったく不備きわまりない」「大阪都構想の対案だということを、規約に明記してくださいよ!」

 今井豊大阪府議会議長を会長に選出後、会議は、橋下氏の「規約案については、大きな問題があると思います」との問題提起を皮切りに、会議の目的と進め方という「前提」から対立し始めた。

 橋下氏が問題視したのは「会議の目的」の明記の仕方。「都構想の対案である、ということをはっきり示すべきだ。自民党、公明党のみなさんは、都構想の対案だとはっきりおっしゃってきた。明示してもらわないと困ります」

 これに対し、自民党の花谷充愉府議は「明記する必要はない」「住民投票は否決された。終わった話を持ち出してどうするんですか!」「会議を邪魔しに来たんですか」と反発。竹山修身堺市長も「堺市議会での大阪会議設置条例の議論では、都構想の議論はなかった」と否定した。

 これに対し、松井一郎府知事も「住民投票は議会の過半数の同意を得たもの。自公はいつもそうやってごまかす」と反論した。

このニュースの写真

  • 橋下氏再対決「都構想の対案と明記せよ」、柳本氏「都構想という幻想にまだいる」 初回から批判合戦
  • 橋下氏再対決「都構想の対案と明記せよ」、柳本氏「都構想という幻想にまだいる」 初回から批判合戦

関連トピックス

「産経WEST」のランキング