産経WEST

【台風11号接近】祇園祭、早朝に中止・実施を決定 山鉾にはシート、搭乗取り止めも

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【台風11号接近】
祇園祭、早朝に中止・実施を決定 山鉾にはシート、搭乗取り止めも

台風の接近に伴い、シートですっぽちと覆われた船鉾(奥)と、風にあおられる屋台=16日午前、京都市下京区(志儀駒貴撮影)

 大型で非常に強い台風11号が西日本に接近した16日、近畿各地でも風雨への対応に追われた。同日夜に前祭(さきまつり)の宵山を迎える京都・祇園祭は、懸装品(けそうひん)にシートをかける山鉾(やまほこ)が相次いだ。

 祇園祭の山鉾の一つ、船鉾は、金色に輝く想像上の水鳥の木彫や、螺鈿(らでん)を施した大舵(かじ)を撤去した。白いシートで船体をすっぽり覆い、見物客による鉾の搭乗も取りやめた。

 船鉾保存会の古川雅雄理事長(79)は「お越しになる皆さまには申し訳ないが、安全に十分配慮した。巡行が決行されても対応できるよう万全を期したい」と話した。

 前祭の23基の山鉾は、16日夜の宵山まで建てられたままとなる見通しだが、大工方や作事方と呼ばれる職人たちを待機させるなど不測の事態に備えた。17日に予定されている前祭の山鉾巡行は、当日午前5時半までに気象情報に基づき、祇園祭山鉾連合会が中止か実施かを決定する。

「産経WEST」のランキング