産経WEST

「おわびと償いの人生歩みたい」…乳児施術死、禁錮1年を求刑 「ズンズン運動」元理事長に

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「おわびと償いの人生歩みたい」…乳児施術死、禁錮1年を求刑 「ズンズン運動」元理事長に

 「ズンズン運動」と称する独自の施術で生後4カ月の男児を昨年6月に死亡させたとして、業務上過失致死罪に問われたNPO法人「子育て支援ひろばキッズスタディオン」(新潟県)=解散=の元理事長、姫川尚美被告(57)の論告求刑公判が14日、大阪地裁(柴山智裁判長)で開かれ、検察側は禁錮1年を求刑した。判決は8月4日。

 検察側は論告で「医学的根拠もなく男児の動脈を繰り返しもみ、窒息状態に陥らせた。過去にも施術後に死亡した例があり、人命軽視の態度が甚だしい」と指摘。続いて、遺族側が被害者参加人の立場から「法律で定める最大限重い懲役刑にしてほしい」と述べた。

 弁護側は遺族への賠償を理由に執行猶予付き有罪とするよう求め、被告は「今後はおわびと償いの人生を歩みたい」と謝罪した。

 平成25年2月には新潟県の男児=当時(1)=が施術後に死亡。業務上過失致死容疑で書類送検された被告を新潟地検はいったん不起訴としたが、今年6月に新潟検察審査会が「起訴相当」と議決し、再捜査している。

「産経WEST」のランキング