産経WEST

【ビジネスの裏側】梅田「TSUTAYA」に1日2万人…アマゾンで買う時代だから「書店」にこだわる

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【ビジネスの裏側】
梅田「TSUTAYA」に1日2万人…アマゾンで買う時代だから「書店」にこだわる

コーヒーを飲みながら書籍が選べる「梅田 蔦屋書店」の店内=大阪市北区(竹川禎一郎撮影) コーヒーを飲みながら書籍が選べる「梅田 蔦屋書店」の店内=大阪市北区(竹川禎一郎撮影)

 書籍の売り上げや書店数が減少傾向の中、カフェで本をじっくりと選ぶことができる新たなスタイルの書店が人気を集めている。今年5月、大阪・梅田に関西では初の「蔦屋書店」ブランドでオープンした店舗には1日に約2万人が来店。大阪市内で3店舗を展開する「スタンダードブックストア」も商業施設内に出店し、客層を広げている。インターネットで手軽に本が買える時代に対抗し、快適な本選びの環境を提供する書店ビジネスは、さらに広がりをみせている。(石川有紀)

ベストセラー「なし」

 落ち着いた照明と音楽が流れる店内。客はホットドッグなどの軽食やコーヒーを味わいながら、購入前の書籍や雑誌をめくったり、パソコンで仕事をしたりと思い思いに過ごしている。

 平成18(2006)年に大阪・心斎橋に開業したスタンダードブックストア。運営する鉢の木(大阪市)の中川和彦社長は「足を運びたくなる快適な空間を作りたい。きっかけは雑貨でも本でも、カフェでもいい」と話す。

 独自のこだわりもある。キャッチコピーは「本屋ですが、ベストセラーはおいてません」。書籍も雑貨も、店員が選んだ品を並べる。カフェでは作家や雑貨の作り手のトークイベントも開いている。

 今年オープンした、もりのみやキューズモールBASE(同)には、市民の寄贈した本で作る「まちライブラリー」にカフェとして出店。本を楽しむ新たなスタイル普及を目指す。

新生活を提案

 約30年前、大阪府枚方市で「蔦屋書店」として誕生し、今や全国でレンタルソフト店「TSUTAYA」を展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブも、新形態の書店を始めた。

(次ページ)東京・代官山、大阪・梅田…20万冊500席、秘密は“気付き”

このニュースの写真

  • 梅田「TSUTAYA」に1日2万人…アマゾンで買う時代だから「書店」にこだわる
  • 梅田「TSUTAYA」に1日2万人…アマゾンで買う時代だから「書店」にこだわる
  • 梅田「TSUTAYA」に1日2万人…アマゾンで買う時代だから「書店」にこだわる
  • 梅田「TSUTAYA」に1日2万人…アマゾンで買う時代だから「書店」にこだわる
  • 梅田「TSUTAYA」に1日2万人…アマゾンで買う時代だから「書店」にこだわる
  • 梅田「TSUTAYA」に1日2万人…アマゾンで買う時代だから「書店」にこだわる
  • 梅田「TSUTAYA」に1日2万人…アマゾンで買う時代だから「書店」にこだわる

「産経WEST」のランキング