産経WEST

【世界遺産登録】韓国、今度は「松下村塾」を標的に 伊藤博文ゆかりの地が原因?

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【世界遺産登録】
韓国、今度は「松下村塾」を標的に 伊藤博文ゆかりの地が原因?

「世界文化遺産」に登録された松下村塾=山口県萩市

 韓国の「後出しじゃんけん」(福岡県幹部)で、世界文化遺産への登録がひと悶着した「明治日本の産業革命遺産」に対し、韓国政府が今度は、松下村塾(山口県萩市)に批判の矛先を向け始めた。初代韓国統監の伊藤博文元首相ゆかりの場所であることが理由とみられる。韓国側の止まることを知らない反日姿勢に対し、日米外交当局だけでなく、九州・山口の施設関係者にも、諦めのような“韓国疲れ”が広がりつつあるようだ。(村上智博)

 普通では考えられない…

 「韓国側はとにかく何か文句を言いたくて言っているのではないか。普通では考えられないことだ」

 松下村塾を管理する松陰神社の関係者は、産経新聞の電話取材に8日、うんざりしたようにこう語った。

 「明治日本の産業革命遺産」の世界文化遺産登録が決まった直後の7日、韓国の外務省報道官の記者会見での発言に反発したものだ。

 外務省報道官は、「(松下村塾の登録決定には)問題意識を持っている。世界遺産以外の多様な次元で対応を検討していこうと考えている」と述べた。これは、審議の舞台となった国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産委員会とは別の国際機関や国際的な会合で、松下村塾登録に反対の意思表示をしていく考えを示唆したものだ。

 報道官は「世界遺産委員会で問題提起するのは効果的ではない側面がある」とも述べている。背景には、今まで批判してこなかったものを正面から急に取り上げても、韓国が不利になるとの計算が働いたようだ。

関連トピックス

「産経WEST」のランキング