産経WEST

「チョークのロールスロイス」…講師ら支えた名門業者が廃業 韓国企業が継承へ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「チョークのロールスロイス」…講師ら支えた名門業者が廃業 韓国企業が継承へ

羽衣文具での生産を終了し、社内に残されていたチョーク=愛知県春日井市

 滑らかな書き心地と、折れにくさで国内外から支持されたチョークを製造してきた羽衣文具(愛知県春日井市)が3月に廃業し、愛用していた予備校講師らの間で嘆きが広がっている。他社商品で代用が利かないチョーク界の“ロールスロイス”とすら称されたメード・イン・ジャパンの技術。米国の数学者らのグループが1トン分を駆け込み購入するほどの人気だった。商標と製造機械が今月、韓国企業に引き渡され、なお一層惜しむ声が出ている。

 ■秘密のレシピ

 15日午前、ソウルに本社を置く企業の社員ら数人が訪れ、羽衣文具の工場からすべての製造機械を搬出した。作業を見守った渡部隆康社長(71)は「よそに譲るつもりでここまで頑張ってきたんじゃなかったんだけどね」と寂しげにつぶやいた。

 羽衣ブランドを支えた製造機械や材料の配合を決める“レシピ”は渡部社長が独自に考案し、取材でも機材の撮影を禁止するなど製法は企業秘密だった。だが、廃業を機にノウハウとすべての機械を「HAGOROMO」の商標とともに韓国企業に譲渡することを決めた。品質を守るため羽衣文具の社員が転籍し、技術指導も行う。

 今年度内を目標に韓国から発売予定だが、韓国で入手困難な材料もあり、「全く同じチョークを再現するのは難しいかもしれない」と渡部社長。チョーク製造責任者となる韓国人男性(43)は「品質をオリジナルに近づける努力を重ね、ブランドを守っていく」と力説した。

このニュースの写真

  • 「チョークのロールスロイス」…講師ら支えた名門業者が廃業 韓国企業が継承へ

「産経WEST」のランキング