産経WEST

【甘辛テレビ】辛坊氏の視聴率獲得ノウハウ確立したテレビマン、文壇デビュー テレビ的手法で書いた時代小説で文学賞

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【甘辛テレビ】
辛坊氏の視聴率獲得ノウハウ確立したテレビマン、文壇デビュー テレビ的手法で書いた時代小説で文学賞

自著「なにわ万華鏡」で富士見新時代小説大賞優秀賞を受賞した読売テレビ・近藤五郎氏

自分の名が記された本を書店に並べたい

 在阪テレビ局に隠れた才能発見です。読売テレビの報道業務部長・近藤五郎さん(53)が自著「なにわ万華鏡~堂島商人控え書」で第1回富士見新時代小説大賞優秀賞を受賞。文壇に鮮烈デビューを果たしました。本人も知らず知らずのうちに培われた“視聴率獲得ノウハウ”が創作にも生かされたようです。

 近藤さんは静岡県出身で早大仏文科卒。昭和62年に同局へ入社しました。報道時代に「ズームイン!!朝!」「元気モンTV」など早朝の情報番組制作に携わり、コンプライアンス部門に移った約5年前から執筆を始めたそうです。そのきっかけが何ともユニークでした。

 「ジャンルは何でもいいから『近藤五郎著と記された本を書店の本棚に並べたい』と思うようになったんです。管理部門に就いて自己表現する場がなくなったことも潜在的にあったと思います。でも、実際に本棚に並んでいるのを見て、自分がこれほど書くのが好きだったとは…」

 それまでに執筆経験はゼロ。“早大仏文卒”という経歴を見ると芸術的センスにあふれた…と思ってしまいますが、本人いわく「典型的マニュアル人間」だそうです。アシスタント・ディレクター(AD)時代に「見て覚えろ」という徒弟制が色濃く残った制作現場に疑問を感じ、独自のADマニュアルを作成。キャスターの辛坊治郎さんが「朝生ワイド す・またん!」で新聞記事を紹介するコーナーがありますが、「ズーム」時代に、辛坊さんの記事選択からプレゼン、作成に至るまでのノウハウを確立させたのは、近藤さんだそうです。

関連トピックス

「産経WEST」のランキング