産経WEST

大阪府立体育会館の新愛称は「エディオンアリーナ大阪」 契約料は…

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


大阪府立体育会館の新愛称は「エディオンアリーナ大阪」 契約料は…

“元の名前”に戻っている大阪府立体育会館=大阪市浪速区(竹川禎一郎撮影)

 大阪府立体育会館(大阪市浪速区)の新たな愛称の命名権(ネーミングライツ)の契約先に家電量販大手の「エディオン」(同市北区)が選ばれ、愛称が「エディオンアリーナ大阪」に決まったと府教委が17日、発表した。期間は9月1日から3年間で、年間契約料は2100万円。

 大相撲春場所の会場にも使用される同会館の命名権は平成24(2012)年、スポーツ用品製造販売会社が年間契約料2500万円で取得したが、期限の今年3月までに契約を更新しなかった。府教委は年間1800万円以上の条件で新たな契約先を募集し、エディオンのみが応募した。

「産経WEST」のランキング