産経WEST

「僧侶」専門学校の学生「大麻草」所持で逮捕…京都・浄土真宗本願寺派 中央仏教学院

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「僧侶」専門学校の学生「大麻草」所持で逮捕…京都・浄土真宗本願寺派 中央仏教学院

 大麻草を所持していたとして、京都府警右京署は5日、大麻取締法違反(所持)の疑いで、京都市右京区山ノ内御堂殿町の浄土真宗本願寺派「中央仏教学院」の専門学校生、小山法道容疑者(32)を現行犯逮捕した。同署によると「自分で吸うために持っていた」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は、5日午前9時35分ごろ、同学院の寮の部屋に黒いビニールポーチに入れた大麻草1袋(数グラム)を隠し持っていたとされる。

 同署は小山容疑者の部屋から煙管(きせる)や計量器なども押収。日常的に使用していた可能性もあるとみて調べを進めている。

 同学院は大正9年に本願寺派の僧侶を育成する機関として設立。小山容疑者は今年4月に入学し寮生活を送っていたという。

「産経WEST」のランキング