産経WEST

女性襲ったクマ、三重県が滋賀県に放した可能性…滋賀県が三重県に抗議へ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


女性襲ったクマ、三重県が滋賀県に放した可能性…滋賀県が三重県に抗議へ

 三重県内で捕獲されたクマを、同県の担当者が隣接する滋賀県の山中に放していたことが27日、分かった。同日早朝には、滋賀県多賀町で女性がクマに襲われて重傷を負う事故があり、滋賀県側はこのクマの仕業だった可能性があるとみて、知事名で三重県に抗議する方針。三重県側は落ち度を認めて同町に謝罪し、滋賀県への謝罪も検討している。

 三重県獣害対策課によると、同県いなべ市で今月17日、ツキノワグマ1頭が捕獲され「麻酔で眠らせた上で、滋賀県境の山中に放した」と発表。しかし、実際には三重県の放獣担当者は県境を越え、滋賀県多賀町でクマを放したが、滋賀県に連絡していなかった。

 その後、同町で27日早朝、女性(88)が自宅近くでクマに襲われ、頬骨を折るなどの重傷を負った。滋賀県によると、これまで同町内でのクマの目撃情報はほとんどなく、三重県が放したクマの仕業ではないかとみている。

関連ニュース

【続報】三重県が滋賀県へ謝罪「ありえないことした」 クマ放獣問題、そのクマは今…

「産経WEST」のランキング