産経WEST

【淡路銅鐸】【動画】淡路島で銅鐸7個「数十年に一度の大発見」 土砂選別作業がきっかけ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【淡路銅鐸】
【動画】淡路島で銅鐸7個「数十年に一度の大発見」 土砂選別作業がきっかけ

土砂置き場から見つかった銅鐸7点。銅鐸を打ち鳴らす「舌」のほか、右の2点は内部にもう一つ銅鐸が収まった状態で発見された=19日、兵庫県南あわじ市の南あわじ市湊市民交流センター(頼光和弘撮影) 土砂置き場から見つかった銅鐸7点。銅鐸を打ち鳴らす「舌」のほか、右の2点は内部にもう一つ銅鐸が収まった状態で発見された=19日、兵庫県南あわじ市の南あわじ市湊市民交流センター(頼光和弘撮影)

 兵庫県南あわじ市の玉砂利製造会社の砂山から、祭祀(さいし)などに使われたとされる銅鐸(どうたく)が7個見つかり19日、県教委が発表した。紀元前3~2世紀(弥生時代前期末~中期初頭)に鋳造された古式の銅鐸で、多数確認例では加茂岩倉遺跡(島根県雲南市)の39個、大岩山遺跡(滋賀県野洲市)の24個、桜ケ丘遺跡(神戸市)の14個に次ぐ4番目。専門家は「数十年に一度の大発見」としており、謎の多い初期銅鐸を解明する史料になりそうだ。

 銅鐸7個の大きさは高さ31・8~22・4センチ。底幅18・5~12・8センチ。3組6個は加茂岩倉遺跡と同様に、大きな銅鐸に小さな銅鐸を入れ込む「入れ子」の状態で、埋納状態を復元する手がかりになるという。また、1個は菱環鈕(りょうかんちゅう)式と呼ばれる最古型式で、11例しか確認されていない。残る6個は外縁付(がいえんつき)鈕式という2番目に古いタイプだった。

 3個からは、銅鐸の内側に取り付け、打ち鳴らすための「舌(ぜつ)」と呼ばれる青銅製の棒(長さ約13~8センチ)も3本確認された。青銅の舌が銅鐸と同時に見つかったのは珍しい。舌は摩滅しており、実際に鳴らされたことを裏付けている。

 今後、奈良文化財研究所で型式や模様などを詳しく調べる。

 銅鐸は4月、玉砂利製造会社の砂山から見つかった。土砂は同市西部の松帆(まつほ)地区を中心に約10年前から集められていたというが、正確な出土地は不明。7個は松帆銅鐸と名付けられた。県教委は今後、銅鐸の公開も検討する。

 銅鐸研究の第一人者、難波洋三・奈良文化財研究所埋蔵文化財センター長の話「数十年に一度の大発見。古式の銅鐸である上、『舌』を伴っているのも珍しく興味深い。埋納の際、鳴らす機能を奪うため舌を外すと考えていたが、淡路は例外だったようだ」

このニュースの写真

  • 【動画】淡路島で銅鐸7個「数十年に一度の大発見」 土砂選別作業がきっかけ
  • 【動画】淡路島で銅鐸7個「数十年に一度の大発見」 土砂選別作業がきっかけ

「産経WEST」のランキング