産経WEST

【メガプレミアム】ベンチ奪い合い、スマホ充電で行列…これが訪日客でごった返す関空の日常

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【メガプレミアム】
ベンチ奪い合い、スマホ充電で行列…これが訪日客でごった返す関空の日常

乗り継ぎ待ちなどのためベンチに寝る外国人客ら=関西国際空港

 国際線の外国人旅客数が昨年、630万人と平成6年の開港以来、最多になった関西国際空港。外国人の急増で、空港内では乗り継ぎ待ちをする外国人同士が仮眠をするベンチを奪い合ったり、不足するスマートフォン用の電源の順番を待ったりする事態が発生。利用者からは対応の遅れに不満が相次いでいる。運営する関空側は、こうした不備を認める一方、「“おもてなし”が問われかねない」として、スマホをかざせば多言語に対応して施設案内を表示するQRコードを初めて導入するなど、急ピッチで対策を進めている。(吉村剛史)

ベンチで夜を明かす

 「もともと到着時間の遅い便がさらに遅れたので、電車もバスもない。始発までここで休むつもりだ」

 深夜の関空。中国・上海からの便で兵庫県で働く兄に会いにきたという中国人の男性(31)は、こう話すと、第一ターミナルビル2階のベンチで横になった。

 このように関空は夜、ベンチで夜を明かす外国人が少なくない。

 特にコンビニエンスストア近くのベンチは“早い者勝ち”になる人気ぶりで、終電後にはすべてのベンチが埋まる。

 これがベンチの強引な奪い合いや荷物の盗難などトラブルにも発展しかねないとして、最近ではターミナルビル交番も警戒を強化。空港警備員は2時間置きに巡回している。

 新関西国際空港会社の子会社「関西エアポートエージェンシー」は夜を明かす外国人などを対象に、希望者には毛布を貸し出しており、毎晩30枚程度の利用があるという。

24時間空港ゆえ続々…ベンチ寝る外国人「日本のカプセルホテルCOOL! 簡宿を…」

このニュースの写真

  • ベンチ奪い合い、スマホ充電で行列…これが訪日客でごった返す関空の日常
  • ベンチ奪い合い、スマホ充電で行列…これが訪日客でごった返す関空の日常

関連ニュース

【関西の議論】大阪に4つもオケは必要か? 統合、共存、四番バッターばかりでは…橋下改革の命題に4オケ指揮者が大議論

「産経WEST」のランキング