産経WEST

【任天堂4年ぶり黒字】スマホ向けゲームにかける「任天堂の本気度」 収益の柱に育てられるか

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【任天堂4年ぶり黒字】
スマホ向けゲームにかける「任天堂の本気度」 収益の柱に育てられるか

任天堂決算発表 4期ぶりの営業黒字を報告する任天堂の岩田聡社長(手前)=7日、大阪市中央区・大阪取引所(寺口純平撮影)

 任天堂が平成27年3月期連結決算で4年ぶりに営業黒字を確保した。ただ、コスト削減に加えて円安の恩恵が大きく、まだ復調には遠い。28年3月期はゲーム専用機の本体、ソフト販売とも前期を下回る予想のため、年内に発売するスマートフォン向けゲームが浮沈の鍵を握る。一方で、スマホは専用機と収益構造が大きく異なるため、柱に育てられるか不透明な状況だ。

「マリオカート」プロデューサーを抜擢

 「任天堂がやる以上、成果を出さないと意味がない」。大阪市内で7日会見した任天堂の岩田聡社長はこう強調し、スマホでの成功に自信を見せた。額は明らかにしなかったが、28年3月期業績予想にスマホでの売り上げを盛り込んだ。

 3月にソーシャルゲーム大手のディー・エヌ・エー(DeNA)と資本業務提携してスマホ参入を発表後、任天堂の株価は大幅に上昇している。投資家から期待が大きいのは確かだ。

 岩田社長は専用機で人気の「マリオカート」シリーズのプロデューサーをスマホ向け開発責任者に抜擢(ばってき)したことを明らかにし、「任天堂の本気度が分かってもらえるはず」と、専用機並みの開発人員でスマホに臨む考えを示した。

関連ニュース

USJに「マリオ」登場? 任天堂、米ユニバーサル・スタジオ運営会社と提携

「産経WEST」のランキング