産経WEST

警視正がJR環状線で痴漢 大阪府警から出向、近畿管区警察局が処分検討へ 

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


警視正がJR環状線で痴漢 大阪府警から出向、近畿管区警察局が処分検討へ 

 近畿管区警察局に大阪府警から出向している男性警視正(56)が4月上旬、JR大阪環状線の電車内で20代の女性の尻を触ったとして、府警から任意で事情聴取されていたことが25日、関係者への取材で分かった。

 警視正は痴漢したことを争わずに女性に謝罪し、女性側が被害届を出さないまま示談が成立したため、刑事処分は見送られる見通し。同警察局は事実関係を精査した上で、警視正の処分を検討するもようだ。

 関係者によると、警視正は4月上旬、JR大阪環状線の電車内で、20代の女性の尻を触った疑いが持たれている。

 被害女性が泣き出したことに近くにいた乗客が気付き、警視正に声をかけてJR大阪駅で下車させた。連絡を受けて駆けつけた曽根崎署員が駅長室で2人や他の乗客らから事情を聴いたという。警視正はこの日、飲み会から帰る途中だった。

 警視正は、府警の関西空港署長や公安3課長、東淀川署長などを歴任。今年3月19日付で警視から警視正に昇任したのに伴い、近畿管区警察局に出向し、管区学校指導部長兼教授を務めていた。

「産経WEST」のランキング