産経WEST

稲田・自民政調会長が毎日新聞提訴 「在特会」献金記事めぐり 大阪地裁

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


稲田・自民政調会長が毎日新聞提訴 「在特会」献金記事めぐり 大阪地裁

稲田朋美政調会長=衆院議員会館(阿比留瑠比撮影)

 自民党の稲田朋美政調会長が、毎日新聞社が発行した週刊誌「サンデー毎日」に取材内容と異なる記事を掲載され、名誉を傷付けられたなどとして、同社に550万円の損害賠償などを求める訴訟を大阪地裁に起こした。第1回口頭弁論が17日に開かれ、毎日側は争う姿勢を示した。

 訴状によると、同誌は昨年10月5日号で、稲田氏の資金管理団体が「在日特権を許さない市民の会」(在特会)幹部に近い人物8人から平成22~24年に計21万2千円の献金を受けたとする記事を掲載。しかし、事前に同誌の記者が稲田氏の事務所に送った質問状は、2人が各6千円を献金したと指摘する内容だった。

 稲田氏側は同誌発売後、残る6人が実在するか確認するため、氏名開示を求める文書を毎日側に送ったが明らかにされなかった。稲田氏側は「6人が実在しなければ名誉毀損(きそん)に当たる」などと訴えている。

 毎日新聞社社長室は「記事は十分な取材に基づいて掲載した」としている。

「産経WEST」のランキング