産経WEST

商標法改正で「音」「動」「色」出願続々、170件以上の申請 一発芸はどうなる!?

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


商標法改正で「音」「動」「色」出願続々、170件以上の申請 一発芸はどうなる!?

 テレビCMなどに使われる音、色彩、動きなどの商標登録制度が1日、スタートし、特許庁が新商標の出願の受け付けを開始した。初日から久光製薬や東レなどの大手企業の出願が相次ぎ、申請は同日だけで170件を超えたもようだ。

 改正商標法が4月1日に施行され、これまで文字や図形、記号など形あるものに限られてきた商標の対象に、音や色彩、動きなどが加わる。日本では原則的に国内で先に出願した側に商標権の登録が認められることから、早速、届け出る企業が目立った。

 胃腸薬「正露丸」のCMで流れるラッパのメロディーの商標を特許庁に出願した大幸薬品。同社関係者は「商標の出願は早い者勝ち」とし、「似た商標が先に出願されてしまったら登録できなくなるので、一日でも早く出願することになった」と打ち明ける。

 久光製薬は、25年前からCMで使っている効果音「ヒ・サ・ミ・ツ」を出願したほか、工具メーカー、エンジニア(大阪市東成区)も3日に、工具の緑のグリップを色の商標として出願する予定という。

 東レは1日、ゴルフクラブ用部品などのプラスチックを作る独自技術「ナノアロイ」の宣伝映像を出願した。同社は「インターネット上での動画視聴が増える中、効果的な宣伝商材となっている映像の権利取得は欠かせない」と指摘する。

「産経WEST」のランキング