産経WEST

【チュニジア襲撃テロ】国際社会へのインパクト狙い 専門家「日本人観光客も標的になる可能性」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【チュニジア襲撃テロ】
国際社会へのインパクト狙い 専門家「日本人観光客も標的になる可能性」

 これに対し、日本大の福田充教授(危機管理論)は「イスラム国に呼応する形で欧米諸国で昨年からテロ事件が頻発しており、その一連の流れとみることもできる」と指摘。「世界中のメディアに報道されることで注目を集め、自分たちのグループの威力を宣伝し、不安を与えるために起こした無差別テロだ」と話す。

 チュニジアは比較的安全な旅行先とみられていたが、2011年の「ジャスミン革命」でベンアリ政権が崩壊、「アラブの春」の先駆けとなって以降、政情が不安定になり、「社会の不満は充満し、小さな事件は起きていた。決して安全なところではなかった」という。福田教授は「より精度の高い情報をもとに分析し、外務省の渡航情報などを再検討することも必要だ」と述べた。

「産経WEST」のランキング