産経WEST

“ランチ難民”解消に一役!?奈良県のキッチンカー「大和のキッチン」、4月から県庁前に

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


“ランチ難民”解消に一役!?奈良県のキッチンカー「大和のキッチン」、4月から県庁前に

白い車体に食材のイラストがデザインされたキッチンカー

 奈良県の南部・東部地域の食材を使った料理を提供する県のキッチンカー「大和のキッチン」が完成した。県庁前で試食会が行われ、山添村産の大和茶入りソーセージや、宇陀市産のほうれん草を使ったオムレツなどが入った弁当が振る舞われた。

 キッチンカーは、トラックを改造。白い車体には、同県宇陀市立榛原西小学校の児童が描いたイラストを、同県東吉野村に移住したデザイナー、坂本大祐さんがデザインした。県内で飲食店を経営するシェフでつくるNPO法人「テロワール」のメンバーが、南部・東部地域の食材を使った料理を振る舞う。

 来月から週2日程度、県庁前でランチ・ディナータイムに出店し、30~100食程度の弁当や軽食を販売する予定。地域活性化イベントなどでの南部・東部地域PR活動も行うという。テロワールの大西佳則代表(55)は、「料理を食べて南部・東部地域に関心を持ってもらい、実際に足を運んでほしい」と話していた。

このニュースの写真

  • “ランチ難民”解消に一役!?奈良県のキッチンカー「大和のキッチン」、4月から県庁前に

「産経WEST」のランキング