産経WEST

「ポイント詐欺どう思う」「できればやりたくなかった」 社員らLINEに生々しいやり取り 「まいど」架空循環取引か

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「ポイント詐欺どう思う」「できればやりたくなかった」 社員らLINEに生々しいやり取り 「まいど」架空循環取引か

 「会社粉飾&ポイント詐欺はどう思う?」「できればやりたくなかったです」-。ヤフーショッピングに出店してヤフーからポイントを不正に取得した疑いが明らかになった家電通販サイト「まいど」。運営会社の社員とみられる関係者たちは、そんな生々しいやり取りを無料通話アプリLINE(ライン)上に残していた。不正に取得したポイントで格安で商品を他のサイトから購入し、「まいど」で転売していた可能性も高い。

 運営会社の元社員は、産経新聞の取材に「平成23年度ごろからヤフーショッピングを利用した循環取引を始めた」と証言した。

 金融関係者によると、ある大手銀行は同業他社と比較してこの運営会社の売上高の伸びが大きいことを評価。同社に対する融資残高が、24~25年の1年間で約6億円増加し、2倍以上になったという。

 取材で明らかになった疑惑の架空循環取引の仕組みはこうだ。

 運営会社はヤフーがポイントの増額分を負担するキャンペーン中をねらい、「まいど」で商品を大量に注文するよう社員に指示。同社員が注文した商品は実際には発送せず、グループ会社などへ転売し、運営会社へ一巡させる書類上だけの取引を繰り返す。

 「まいど」に大量注文した社員には、ヤフーから大量のポイントが付与される。これらのポイントを使ってヤフーショッピング内の他の家電通販サイトで格安で仕入れた商品を「まいど」で転売する-。

このニュースの写真

  • 「ポイント詐欺どう思う」「できればやりたくなかった」 社員らLINEに生々しいやり取り 「まいど」架空循環取引か

「産経WEST」のランキング