産経WEST

【衝撃事件の核心】「金づちや電気ドリルでつくった」〝バズーカ砲〟少年が供述…材料はホームセンターでも購入可、誰もが銃を“国内生産”できる時代に

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
「金づちや電気ドリルでつくった」〝バズーカ砲〟少年が供述…材料はホームセンターでも購入可、誰もが銃を“国内生産”できる時代に

少年が製造した全長約208センチの空気銃の原材料は身近なところで販売されているものばかりで、兵庫県警の調べに対して「インターネットで調べてつくった」と供述している。誰もが危険で威力のある「銃」を簡単に製造できる時代に突入したのか

 武器を完成させていくのが楽しかった-。殺傷能力のある空気銃を製造したとして、未成年者としては全国で初めて逮捕された少年は、そんな趣旨の供述をしたという。兵庫県警少年捜査課などは2月16日、武器等製造法違反(無許可鉄砲製造)と銃刀法違反(所持)容疑で、同県宝塚市の県立高校1年の少年(16)を逮捕した。まるで「バズーカ砲」を思わせる全長約208センチもある空気銃は、約1メートル離れてもスチール缶を撃ち抜けるだけのすさまじい威力があったようだ。少年は「インターネットで調べてつくった」と供述しているが、昨年5月には、神奈川県で3Dプリンターを使って拳銃をつくり、逮捕された元大学職員の男もネットを参考にしていたとされる。誰もが危険で威力のある「銃」を製造できるようになったのだ。専門家は安易な気持ちによる「武器製造」に警鐘を鳴らしている。 (桑村朋)

「大砲のような」大型の空気銃

 「生徒が自宅で大砲のようなものを持っている」

 平成26年11月、少年が通う県立高校に、ある保護者から連絡があった。少年は自身で製造した空気銃をスマートフォンで撮影し、その画像を同級生の友人に見せびらかしていたという。友人の親が画像を見て、あわてて高校を通じて伊丹署に通報したことをきっかけに、捜査が始まった。

 県警は少年宅を家宅捜索し、空気銃と準空気銃の計3丁を押収した。塩化ビニール製パイプなどを銃口にして、可燃性ガスを爆発させて弾丸を発射させる仕組みだった。

関連トピックス

関連ニュース

【衝撃事件の核心】あのゴルゴ13も使用した殺傷能力抜群の軍用銃…「ザル法」突いて合法入手した銃マニア

「産経WEST」のランキング