産経WEST

【京都・大阪連続青酸死】「カプセルで青酸化合物飲ませた」 筧千佐子容疑者、大阪の内縁男性の殺害認める供述

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【京都・大阪連続青酸死】
「カプセルで青酸化合物飲ませた」 筧千佐子容疑者、大阪の内縁男性の殺害認める供述

筧千佐子容疑者

 京都・大阪の連続青酸死事件で、大阪府貝塚市の本田正徳さん=当時(71)=に対する殺人容疑で大阪府警に再逮捕された筧(かけひ)千佐子容疑者(68)が、「(本田さんに)カプセルで青酸化合物を飲ませました」と事件への関与を認める供述をしていたことが16日、捜査関係者への取材で分かった。ただ、供述の内容にはあいまいな部分もあるといい、府警は裏付けを慎重に進めている。

 捜査関係者によると、千佐子容疑者は1月28日に再逮捕された際、府警の調べに「本田さんが亡くなった日、喫茶店で会ったが、殺してはいません」と供述し、容疑を否認していた。

 千佐子容疑者は夫、勇夫さん=当時(75)=を殺害したとして逮捕、起訴された。この事件でも当初は容疑を否認していたが、後に「カプセルで青酸を飲ませた」との趣旨の供述をしたという。青酸化合物も「過去に経営していた工場の出入り業者から入手した」と言及したとされるが、入手方法などは具体性に欠く内容だったという。

 再逮捕容疑は平成24年3月、内縁関係だった本田さんに青酸化合物を摂取させ、大阪府泉佐野市内の路上で青酸中毒死させて殺害したとしている。

「産経WEST」のランキング