産経WEST

「大砲持つ生徒がいる」全長2メートル空気銃を自作、16歳高1男子逮捕 兵庫・宝塚

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「大砲持つ生徒がいる」全長2メートル空気銃を自作、16歳高1男子逮捕 兵庫・宝塚

 全長2メートル超の空気銃を作ったなどしたとして、兵庫県警は16日、武器等製造法違反(無許可製造)と銃刀法違反(準空気銃の所持など)容疑で同県宝塚市に住む県立高校1年の男子生徒(16)を逮捕した。県警によると、男子生徒はインターネットで調べて自作したといい、容疑を認めているという。

 未成年者への同法違反による逮捕者は全国で初めてという。

 逮捕容疑は昨年6~11月、当時住んでいた同県伊丹市の自宅で、殺傷能力のある空気銃1丁(全長約208センチ)を製造し所持したほか、空気銃に準じた性能で人にけがをさせる恐れのある準空気銃2丁(同約139センチ、同118センチ)を所持していたとしている。

 県警によると、男子生徒は塩化ビニール製パイプなど市販の材料で空気銃と準空気銃を製造。可燃性ガスを爆発させて自作の金属製の銃弾を発射する仕組みという。

 昨年11月、男子生徒が通う高校から「大砲のようなものを持っている生徒がいる」と県警に相談があり、捜査を開始。空気銃を鑑定したところ、約1メートル離れてもスチール缶を撃ち抜ける威力があったため、県警は殺傷能力があると判断し、より刑の重い武器等製造法違反容疑を適用した。

関連ニュース

【経済裏読み】習近平「反腐敗」3年、正体見たり! 国外の違法は放置プレー 〝清潔度ランク下降の当然至極〟

「産経WEST」のランキング