産経WEST

【和歌山小5殺害】【動画】大型の刃物数本押収 中村容疑者、「私は殺していない」と否認 1カ月前には男児の兄を追い回す 

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【和歌山小5殺害】
【動画】大型の刃物数本押収 中村容疑者、「私は殺していない」と否認 1カ月前には男児の兄を追い回す 

かつらぎ署を出る中村桜洲容疑者=7日午前2時4分、和歌山県かつらぎ町(寺口純平撮影)

 和歌山県紀の川市後田(しれだ)の空き地で、市立名手(なて)小5年、森田都史(とし)君(11)が刺殺された事件で、和歌山県警岩出署捜査本部は7日未明、殺人容疑で、現場近くに住む無職、中村桜洲(おうしゅう)容疑者(22)を逮捕した。「私は殺していない。男の子を見たこともないし、知りません」と容疑を否認している。

 捜査本部は6日深夜に中村容疑者の自宅を家宅捜索。家の中から大型の刃物を数本押収しており、血液反応の有無などを調べて凶器の特定を進める。

 捜査本部によると、聞き込み捜査で、事件の約1カ月前に中村容疑者が傘を持って森田君の中学生の兄(12)を追い回したり、森田君の自宅前で長時間立ち止まるなど周辺で不審な行動を繰り返していたことが判明。現場から逃走した男を目撃した通報者の証言から、中村容疑者の犯行と断定したという。

 今後は、犯行の動機や、中村容疑者と森田君の直接的な接点の解明が、捜査の焦点となりそうだ。

 逮捕容疑は5日午後4時15分ごろ、紀の川市後田の空き地で、森田君の頭や右胸、両腕を切りつけたり、突き刺したりし、午後7時5分ごろ、心臓への刺し傷が原因で失血死させたとしている。

 遺体の傷は約10カ所に上り、傷の状況から凶器は複数で、おのやなたのような鋭利で重たい刃物が使われたとみられる。

「産経WEST」のランキング