産経WEST

【衝撃事件の核心】出向先の被災地「街コン」で出会い結婚隠し交際、女性殺害の凶行に及んだ26歳巡査長の「卑劣」 大阪府警「最低最悪の不祥事」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
出向先の被災地「街コン」で出会い結婚隠し交際、女性殺害の凶行に及んだ26歳巡査長の「卑劣」 大阪府警「最低最悪の不祥事」

殺人容疑で逮捕された大阪府警阿倍野署地域課の巡査長、水内貴士容疑者(ツイッターより)

 捜査1課長の隣には警察官の不祥事を取り扱う監察室長。「犯人逮捕」の記者発表は、普段と違う重苦しい雰囲気に包まれていた。大阪市東住吉区のマンションで1月、住人の社会福祉士、白田光(しらた・ひかる)さん(23)が遺体で見つかった事件。大阪府警が同月25日、殺人容疑で逮捕したのは、白田さんの交際相手で、自らの組織に所属する阿倍野署地域課の巡査長、水内貴士容疑者(26)だった。逮捕後の調べに「カッとなって」と供述したが、捜査の進展などで計画性を示唆するような状況が浮上。さらに、事件は不倫関係の「別れのもつれ」という単純な愛憎劇ではなく、水内容疑者が交際中に結婚したことを白田さんに告げず、発覚後に別れ話を切り出されても応じなかった揚げ句、凶行に及ぶという身勝手で卑劣極まりない構図が浮かびつつある。府警幹部は嘆く。「最低最悪の不祥事だ」

当初は「殺されたなんて知りません」

 「大阪府警の警察官と付き合っていた」「名字に『水』が付いていた」「奈良県の出身らしい」

 白田さんの交友関係から水内容疑者の存在が浮上するのに、それほど時間はかからなかった。だが、「そのときは容疑者になるとは思っていなかった」(捜査関係者)といい、「(犯人の可能性を)つぶす意味もあった」と捜査対象に加えた程度だった。

 白田さんの遺体が見つかったのは1月24日午前10時55分ごろ。大阪市東住吉区にある単身者向けマンションの小さな浴槽で、うつぶせに浮かんでいた。白田さんの勤務先から「いつも始業の45分前には出勤してくるのに、まだ来ない」と通報を受け、府警東住吉署員が発見した。

卑劣すぎ…後を追って大阪で就職した被害女性に「俺を好きやろ、別れられへんやろ」

このニュースの写真

  • 出向先の被災地「街コン」で出会い結婚隠し交際、女性殺害の凶行に及んだ26歳巡査長の「卑劣」 大阪府警「最低最悪の不祥事」

関連トピックス

関連ニュース

【警官女性殺害】上司の署長「幸せ絶頂なのになぜトラブルに」 遺族反発「トラブルとは失礼」

「産経WEST」のランキング