産経WEST

【ビジネスの裏側】韓国で“ポッキー”めぐる甘くない対決…グリコがロッテを提訴

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【ビジネスの裏側】
韓国で“ポッキー”めぐる甘くない対決…グリコがロッテを提訴

江崎グリコのバトンドールの箱(左)と、韓国ロッテグループの「プレミア ペペロ」の箱

 韓国でついに江崎グリコの堪忍袋の緒が切れた。グリコが、人気菓子のポッキー、プリッツの高級版「バトンドール」の箱の形を模倣したような商品を韓国ロッテグループが販売したとして、韓国の裁判所に販売の差し止めを求める訴訟を起こしたのだ。そもそもポッキーはグリコが昭和41(1966)年に日本で発売したが、ロッテは、その17年後に韓国で同様の棒状チョコレート菓子「ペペロ」を発売し、今や人気菓子として定着してしまっている。問題の商品もペペロの高級版で、元祖の主張が敵地で認められるか-。

さすがに似すぎ

 バトンドールは、ポッキーやプリッツの高級版の位置付け。フランス語で「黄金スティック」を意味し、バターを染みこませたプレッツェルに、風味やコクにこだわったチョコレートなどをまとわせたプレミアム商品だ。

 平成24年10月から、大阪の阪急百貨店梅田本店などで限定販売している。20~36本入りで価格は501円と、通常のポッキーの3倍程度にもかかわらず、行列が絶えないほどの人気を誇っている。

 パッケージは高級感あふれるデザインで、縦長の箱をひねったような優雅な曲線の形状が特徴だ。

 ロッテが昨年、ペペロの高級版として「プレミア ペペロ」を韓国内で発売。グリコの現地駐在員が箱の曲線の形状が似ていることに気付いたことが発端だ。

 グリコは韓国でもパッケージの意匠権を取得しており、無断でデザインを使用して権利侵害に当たると判断。商品の回収を求める警告文をロッテ側に出したうえで「対応が不十分」として昨年11月に訴訟に踏み切った。

ロッテ親会社は日本の企業なのに…何回パクる…グリコ側は「似すぎ、苦笑」

関連トピックス

関連ニュース

【ビジネスの裏側】大阪のモノづくり担う「ゲンバ男子」呼び込め…求人サイトとコラボ、クールな作業着も開発

「産経WEST」のランキング