産経WEST

【経済裏読み】北米襲う「キャトルショック」…食肉や皮革暴騰、「シェール革命」でカウボーイも消えたダブルパンチ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【経済裏読み】
北米襲う「キャトルショック」…食肉や皮革暴騰、「シェール革命」でカウボーイも消えたダブルパンチ

米サウスダコタ州の牧場で放牧されている牛(AP)

 北米で畜産・関連業界がパニックに陥っている。ここ数年の記録的な干ばつで牛の飼育頭数が激減しているためで、経営難に陥る業者が後を絶たない。「シェール革命」で労働者が石油業界や製造業に流出する動きも顕在化し、「『キャトル(牛)ショック』がやってきた」(ブルームバーグ)と伝える米メディアさえあるほど。輸出も伸び悩み、日本など世界への影響も拡大しそうだ。

吉野家も悲鳴

 「もはや企業努力では補えない。苦渋の決断だ」

 平成26年12月17日から牛丼を大幅値上げした吉野家。記者会見で顔をしかめた河村泰貴社長が恨み節を向けたのが、同社の予想を超えるスピードで進む「米国産牛肉の高騰」だった。

 牛丼などに使われる米国産牛バラ肉(ショートプレート)の価格は、25年の9月には1キログラム当たり500円台で推移していたが、急ピッチで切り上げ、1年後の26年9月には1000円の大台を突破。記録的な高値圏で推移している。

 肉牛農家が減少していることに加え、ここ数年の相次ぐ干ばつで餌となる牧草が不足し、牛の飼育頭数が過去最低水準にまで落ち込んでいるためだ。

 とくに被害がひどいのが米国で牛生産量が最大のテキサス州。州内の半分近い地域でこの3年間はほとんど雨に恵まれず、大地はひび割れ、牧草が次々と枯れた。米メディアによると、牧場の規模を縮小したり、牛の売却や処分に追い込まれる畜産農家が続出しているという。

「産経WEST」のランキング